ITエンジニアは電子印鑑の夢を見るか?

はじめに

法人設立時の印鑑届出義務について、話題になっています。

“デジタル法案”骨抜きに? 印鑑業界が反発:ニュースモーニングサテライト:テレビ東京

その是非はさておき、印鑑が必要であることが想起される銀行であっても、(ネット専業銀行でなくとも)口座開設に印鑑が不要であることは既に珍しくはありません。

印鑑レス口座について | 三菱UFJ銀行

口座開設時に印鑑が不要、開設後も印鑑なしでお取引可能です。

「無印鑑口座利用のお客さま向け特約」および「窓口でキャッシュカード認証により取引を行うお客さま向け特約」の制定│りそな銀行

本特約は当社で預金口座の取引印鑑の届出なく各種取引を行うお客さまとの取引に適用されます。

店頭での口座開設のお手続き | 新生銀行

印鑑をお届けいただく場合は印鑑をご持参ください。

新生銀行ではご印鑑のほか、お客さまのサイン(署名)をお届けいただくことができます。

アナログなイメージの強い銀行ですら印鑑レスが進んでいるわけですが、印鑑文化から最も縁遠いであろう(?)ITエンジニアの職場での印鑑事情はどうなっているのか、twitter上でアンケートを取ってみました。

目次

アンケート方法

以下のツイートで2日間集計しました。

  • 総務・人事が絡むような庶務手続きを除外するために対象を「開発・保守運用に直接関わる手続き」に限定する注意書きをしました。

  • SIerとWeb系企業で違いが出るかも興味があったので、その点も質問に加えました。なお、SIer、Web系企業の定義は特に示していません。投票いただいた方の自身の職場(常駐先)に対する判断に委ねています。

集計結果

257票もの回答をいただきました。ご協力ありがとうございました。

上記のツイートの投票結果表示だけではわかりづらいので、整理したのが以下になります。

ITエンジニア全体

必要、不要でおおよそ半々に割れました。

思ったよりも必要な割合が高いんだな、という印象を私は持ちましたが、いかがでしょうか?

f:id:shonansurvivors:20190315051913p:plain

SIerおよびWeb系企業

面白かったのが、企業タイプ別の結果です。

f:id:shonansurvivors:20190315052047p:plain

f:id:shonansurvivors:20190315052106p:plain

SIerは70%で必要となり、逆にWeb系企業で必要なのは28%に留まる、と大きな違いが出ました。

どんな手続きで印鑑が必要か

これに関しては回答が得られなかったのですが、経済産業省が作成している「システム管理基準 追補版(財務報告に係るIT統制ガイダンス)」を見ると、最後の方に

システムの変更および保守管理については、変更管理手続に従っている(標準化され、記録され、承認され、文書化されている)

という承認プロセス基準の一例に対し、

25件のうち1件、承認漏れがあったが、責任者の押印漏れであり、実際には、承認されているとの説明を受けた。25件の追加テストの結果、押印漏れはなく、単なる押印漏れのミスであると判断した

といった、文書化と押印を前提とした評価結果の事例がありました。

こういった場面で、印鑑が使われているのだと思われます。

最後に

ということで、ITエンジニアの職場といえど印鑑は根強く生き残っているようです。

開発や保守で「承認」という行為が欠かせない場面はあるかと思うので、そこがうまく印鑑レス、ペーパーレスの仕組みになれば良いですね。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

ブレードランナー 2049(初回生産限定) [Blu-ray]

ブレードランナー 2049(初回生産限定) [Blu-ray]